Chain Chronicle 維基
Advertisement
第1章 第2章 第3章 第4章 第5章
第6章 第7章 第8章 第9章 第10章

聖都へ[ | ]

第1幕[ | ]

戰鬥前[ | ]

(快樂的背景音樂)
菲娜 この街道をまっすぐ行けば
聖都に着くんですか?
比利卡 そうだよ、聖都には大神殿があるんだ
菲娜 大神殿とはなんですか?
比利卡 尤古特のほぼ真ん中にある宗教的な総本山。
聖王様は、そこの神官長も兼任してたんだ
菲娜 重要な場所なんですね
比利卡 うん。だから聖王様が亡くなったときは
聖都の混乱ぶりもすごかったみたい
比利卡 今はだいぶ落ち着いたらしいけど
菲娜 比利卡、詳しいんですね
比利卡 副都聖都も、この聖王国の一部だからね。
情報はよく流れてくるんだ
菲娜 なるほど。
聖都には、大神殿があるだけなんですか?
比利卡 うーん。元々はそうだったんだけど
比利卡 王都が陥落しちゃってからは
政治的にも中心になってるよ
菲娜 そこには、聖王様の後継者が
いらっしゃるのですか?
比利卡 今は娘の聖王女様が代理を務めてるはずだよ。
まだ主人公と同じくらいの歳なんだって
比利卡 聖騎士団の援助を受けながら
いろいろ立て直すために頑張ってるみたい
菲娜 聖騎士団、ですか……?
比利卡 ああ、聖騎士団って言うのは
聖王直属の騎士たちのことで――
でぇぇぇやぁぁぁ!
比利卡 なに? 今の叫び声?
菲娜 叫び声というか、気合いというか……?
(緊張的背景音樂)
魔物 ガアァァ……!
比利卡 主人公! 今の魔物の声だ!
菲娜 この先で誰かが戦っているのでしょうか?
比利卡 行ってみよう!
菲娜 はいっ!
(畫面變黑一下)
??? ズェェェアァァァ!
(???瞬速移過畫面)
(斬擊音效)
(魔物受到傷害)
(魔物震動)
魔物 ……!
(魔物死亡)
??? 倒しても倒しても! キリがないわね!
菲娜 大丈夫ですか!?
比利卡 助太刀するよ!
??? 助かった!
誰だかわからないけど恩に着るわ!
比利卡 お互い名乗りは後にするよ
比利卡 主人公、結構数が多い。
気をつけてね!

戰鬥後[ | ]

(快樂的背景音樂)
??? いやー、助かった助かった。
ホントありがとね
菲娜 あなたがご無事で、なによりでした
比利卡 オイラは比利卡、んで、この娘が菲娜。
こっちの無口なのが主人公だよ
比利卡 オイラ達、義勇軍なんだ
??? 比利卡に菲娜に主人公ね。
あたしはユ……
比利卡 ゆ?
??? ……夕闇に染める黄昏の女剣士よ
比利卡 な、なにそれ?
変なの~~
(黃昏下的女劍士?震動)
黃昏下的女劍士? うっさい。こっちにも事情があるのよ
菲娜 事情ですか? 大変ですねぇ
黃昏下的女劍士? そう、大変なのよ、いろいろと。
こうしてる間にも……
(黃昏下的女劍士?震動)
黃昏下的女劍士? ってそうよ! こんな所で
時間食ってる場合じゃなかったんだわ!
菲娜 お急ぎですか?
黃昏下的女劍士? そうなのよ。ごめんね、慌ただしくって
黃昏下的女劍士? なにかお礼したいけど
今は持ち合わせもないし……
比利卡 いいっていいってそんなの。
それより早く行きなよ
黃昏下的女劍士? えぇと、じゃあこうしましょ
黃昏下的女劍士? 今度あなた達に会った時、あたしの力が必要なら
なにを置いても助力する
黃昏下的女劍士? この剣と我が魂にかけて、それを誓うわ
比利卡 別にそんなのいいのに
黃昏下的女劍士? そうしないとあたしの気がすまないの。
それじゃ、ホント助かった。じゃあね
比利卡 行っちゃった。なんだったんだろ?
菲娜 よほど大切な用事があるのでしょうね
比利卡 まいっか。オイラ達も行こう
菲娜 そうですね。私たちにも大切な用事があります
比利卡 聖都まで、あと少し
比利卡 魔物にやられないように
気をつけて行こうね

聖都の騎士たち[ | ]

第1幕[ | ]

戰鬥前[ | ]

(快樂的背景音樂)
比利卡 ふわぁぁぁ~
菲娜 まあ、大きなあくび
(比利卡左右震動)
比利卡 うー。ただ歩いてるだけってのも、退屈だね
比利卡 あっ、別に魔物に襲われたほうがいいって
意味じゃないよ
菲娜 ふふ。わかっていますよ。
でも、このあたりは本当に平和でいいですね
比利卡 副都周辺は最前線だからね。
あそこに比べれば、このあたりはずいぶんマシだよ
比利卡 それに、ここは聖都も近いからね。
きっと騎士団が頑張ってるんだよ
菲娜 騎士団ですか?
比利卡 そういえば、さっき説明しかけてたっけ。
騎士団って言うのは聖王国の守護者たちだよ
比利卡 騎士達がいくつかのまとまりになってて
それを騎士団って言うんだ
比利卡 その中でも格式の高い13の騎士団を
特に聖騎士団って呼ぶんだ
比利卡 聖騎士団は、かつては
西にある王都の守護をしてたんだけど……
菲娜 でも、その王都はたしか、
黒の軍勢との戦いに敗れて……
比利卡 うん。陥落しちゃったんだ
比利卡 聖王様も亡くなって、
騎士団もずいぶんやられちゃったみたい
比利卡 そんな壊滅状態の聖王国を立て直したのが
今の聖騎士団の総帥
菲娜 聖王様がお亡くなりになって
きっと大変だったんでしょうね
比利卡 それでも、どうにかこうにか
比利卡 聖都周辺くらいは守れる程度に
回復したみたいだけどね
比利卡 聖王女様の補佐をしたりで、忙しそうだけど
菲娜 聖王女様……いったいどんな方なのかしら
比利卡 少女なら、そういうの憧れるよねぇ
菲娜 はい、人並みには
比利卡 ま、オイラ達みたいな義勇軍には
一生縁がないんだろうなぁ
菲娜 うぅ、残念です……
(畫面變黑一下)
比利卡 ん? なんだ?
検問所?
韋恩 止まれ!
韋恩 聖都近辺への出入りは現在規制している。
すまないが引き返してくれ
比利卡 え……なんで? なにかあったの?
韋恩 すまない。理由は説明できないんだ
比利卡 うぅ、困ったなぁ。
主人公、どうしよう?
韋恩 通してやりたいのは、やまやまなんだがな。
これも職務だ。悪く思わないでくれ
莉芙特 悪いヒト達でもなさそうだし
別にいいんじゃないかな~?
帕雪露 莉芙特、そう言う訳にもいかないでしょう。
あなたのその懐の広さは、美点と思いますけどね
菲娜 あ……そういえば私達、
こういうものを持っているのですが
(編年記書藉出現)
韋恩 これは?
菲娜 副都の議長さんの紹介状です。
これでは役に立ちませんか?
韋恩 副都の……
少し確認させてもらうが構わないか?
菲娜 はい。よろしくお願いします
(書藉消失)
比利卡 なんとかなる……のかな?
菲娜 そう願いましょう、今は
比利卡 でも……待ってる間は暇だなぁ。
この辺りはなにもないし
(緊張的背景音樂)
魔物 ……!
比利卡 ……物はないけど、魔物はいるみたいだね
菲娜 戦いますか?
比利卡 当然!
比利卡 ね? やるよ、主人公

第2幕[ | ]

戰鬥前[ | ]

(緊張的背景音樂)
魔物 ……!
帕雪露 まさか、こんなところにまで
魔物が来るとは……
比利卡 油断しちゃダメだよ!
まだ来る!
莉芙特 あなた達は逃げてください~!
ここは私たちが抑えます!
比利卡 味方は多い方がいいでしょ。
オイラ達も手伝うよ!
帕雪露 ……すみません。助かります!

第3幕[ | ]

戰鬥後[ | ]

(快樂的背景音樂)
比利卡 ふぅ。終わったか、な?
韋恩 周辺を確認させた。もう大丈夫だ。
菲娜 安心しました。
あの、それで……ここを通るわけには?
韋恩 ああ、問題ない。
手間取らせてすまなかった
比利卡 気にしてないよ。仕事だったんだろうし
韋恩 そう言ってもらえると、助かる
比利卡 それじゃ、遠慮なく通してもらうね
莉芙特 あ、そうそう。ちょっといいですか~?
比利卡 え。まだなにかあるの?
莉芙特 このヒト、どこかで見かけませんでしたか~?
比利卡 ん、人相書き?
比利卡 うーん……ごめん。見たことないや
菲娜 あら、このひと……
帕雪露 知っているのですか!?
菲娜 ええ、先ほど……
比利卡 え、どっかで会ったっけ?
菲娜 ほら、さっきのあの、夕闇の……黄昏の?
女剣士さんですよ
比利卡 ああ、あの……
って、全然似てないよ?
菲娜 そんなことないですよ。
目元がそっくりです
(比利卡左右震動)
比利卡 いやいや、似てないって。
だいたい、こんなにお上品じゃなかったもん
韋恩 ふむ。君は、なにか知らないか?
<對話選項1>知らない
<對話選項2>似てる人は見かけた
<對話選項1劇情>
韋恩 そうか……
菲娜 うぅ……絶対あの人なのに
<對話選項2劇情>
比利卡 そんなに似てるかな?
菲娜 似てますよ
<劇情分支結束>
韋恩 なるほど。情報、感謝する
比利卡 ごめんね、あまり役にたてなくて
韋恩 いや……君達の旅路に神の祝福を
菲娜 ありがとうございます。
騎士さんも、どうぞご自愛を
韋恩 ああ。ありがとう
(畫面變黑一下)
比利卡 結局、あの検問所ってなんだったんだろ?
菲娜 人を捜していたようですけど
比利卡 聖都……
無事に通り抜けられればいいんだけど
きゃぁぁぁぁっ!
比利卡 少女の悲鳴……主人公

護衛依頼[ | ]

第1幕[ | ]

戰鬥前[ | ]

(緊張的背景音樂)
きゃぁぁぁぁっ!
比利卡 少女の悲鳴……主人公
菲娜 助けに行きましょう!
(畫面變黑一下)
??? 誰か……誰か助けてください!
魔物 ……!
比利卡 そこまでだ!
魔物 !?
??? あ、あなた達は……?
比利卡 オイラ達は、義勇軍さ!
菲娜 もう大丈夫ですよ。
さ、私達の後ろに
??? は、はい!
(魔物震動)
魔物 ……!
比利卡 覚悟しろよ、魔物!

戰鬥後[ | ]

(悲傷的背景音樂)
比利卡 もう安心だよ
??? ありがとうございました
比利卡 でも、少女が一人で街の外を出歩くなんて……
ちょっと危機感、足りないんじゃない?
??? ごめんなさい……ごめんなさい。
私……私……うっぅぅ
比利卡 わっ、わっ! 泣いちゃった!?
ごめん、そんなつもりじゃ……
??? ああ……私は、駄目な人間なのです……
私にしか出来ない、大切なお仕事だったのに
??? 重圧に負けて、逃げ出してしまいました……
??? うっぅぅ……私なんか……!
私なんかいっそ、あのまま魔物に……!
比利卡 …………
(畫面震動)
(比利卡瞬速移過畫面)
比利卡 うりゃっ!
(???震動)
??? ふぇ!?
(畫面震動)
(比利卡緩慢移過畫面)
比利卡 うりゃうりゃ!
(???震動)
??? や、やめて、くすぐったい……
うっ……くっ……
菲娜 比利卡?
いったいなにをやって――
比利卡 ほらっ、菲娜も手伝って!
菲娜 え? え?
(畫面震動)
(比利卡緩慢移過畫面)
比利卡 うりゃうりゃ~
(???震動)
(畫面震動)
(菲娜緩慢移過畫面)
菲娜 こ、こうですか?
(???震動)
??? や、やめて……ホントくすぐったいっ
??? うふふふっ……
(比利卡左右震動)
比利卡 ふぅ……や~っと笑ってくれたね
菲娜 あ、なるほど。
比利卡は、これが望みだったんですね
??? ふふ、あはは……
もぅ、ひどいです
??? でも……ありがとうございます。
なんだか、すっきりしました
菲娜 ですね。
笑顔のほうが、素敵ですよ
??? ……もうずいぶんと
笑っていなかった気がします。
??? 今のは、笑うというより
笑わされた感じですけど
比利卡 ……ねぇ
??? はい?
比利卡 オイラが言うのもなんだけど
辞めちゃえば? そんな仕事
比利卡 笑うことも忘れるくらい、つらいんでしょ?
??? それは……できません。
私じゃないと、ダメなんです
比利卡 でも耐えられなかったんでしょ。
頼れる相手とかもいなかったんじゃない?
??? それは――います!
あの方がいるから、私は!
菲娜 でしたら、帰りましょう?
菲娜 きっとその方も
あなたのこと待っていますよ
??? でも、あの方は……私を許してくれるでしょうか
菲娜 あなたの思うその人は
あなたを見捨てるような人ですか?
??? いいえ。あの方は、とてもお優しい方です
??? お叱りは受けるでしょうが……
最後には許してくださいますね、きっと
菲娜 ふふ。では、叱られに帰りましょうか?
<對話選項1>じゃあ帰ろうか
<對話選項2>じゃあみんなで叱られようか
<對話選項1劇情>
菲娜 そうですね。みんなで行きましょうか
そのほうがこの方もきっと、気が楽です
<對話選項2劇情>
菲娜 ふふ、そうですね。こういうときは一蓮托生です
<劇情分支結束>
??? ……なぜ、です?
??? なぜ、見ず知らずの私にそこまで?
比利卡 困っている人を助けるのが義勇軍の務め。
だから、一緒に行くのさ
??? …………
菲娜 どう、なさいますか?
??? …………では、すいませんが
道中の護衛をお願いしてもよろしいですか?
菲娜 はいっ。もちろん!
比利卡 じゃあ、そういうことで
比利卡 さっきの関所の村に戻ろうか。
騎士の人たちも喜ぶと思うし
菲娜 関所?
比利卡 もう忘れたの?
さっきの騎士達が捜してたの、この子だよ
菲娜 あっ、確かに……!
菲娜 じゃあ女騎士さんに似てると思ったのは
私の気のせいだったんですね
??? あの……私が帰りたいのは聖都なのですが
比利卡 聖都から来たんだ?
ああでも、騎士が捜してたんだからそれもそうか
比利卡 ん? でも待てよ……騎士が捜すような少女。
きみは、何者?
??? ああ、そういえば申し遅れましたが。
私は――
聖王女 聖王女
(比利卡震動)
比利卡 いい!?
菲娜 ま、まさか、あなた様が!?
聖王女 はい。聖王女、ユリアナと申します。
それでは、義勇軍の皆様――
聖王女 聖王女からの依頼、
しっかりと果たしていただけますよう……

聖騎士の誤算[ | ]

第1幕[ | ]

戰鬥前[ | ]

(悲傷的背景音樂)
??? (まったく……私としたことが
 うかつだった)
??? (余裕がなかったなど、言い訳にもなるまい)
??? (重責を担わされているとはいえ
 彼女もまだ少女といわれる年頃)
??? (配慮が足りなかった……)
騎士 総帥!
??? ……どうした?
騎士 聖王女様を発見したと、報告が!
??? そうか。無事なのだな?
騎士 無事、保護されたそうです
??? よくやってくれた。
騎士達を招集し、事態の収束を告げよ
騎士 それが……
??? どうしたんだ?
騎士 現在騎士団は、聖王女様を連れ去ったと
思しき集団と戦闘状態に陥っています
??? なんだと!?
??? (いったいどうなっている?
 自分の意志ではなかったのか?)
(畫面變黑一下)
(場景切換)
(緊張的背景音樂)
比利卡 なんなんだよ!
ちょっとはヒトの話を聞いてよ!
安東 黙れ賊め!
聖王女様を連れ去った罪、万死に値する!
比利卡 だから、違うって!
比利卡 だいたい、誘拐したんなら
なんで、のこのこ姿を現すんだよ!
安東 おおかた、聖王女様が自力で逃げ出されたのを
追ってきたんだろう。間抜けな奴らめ!
(比利卡震動)
比利卡 な、なんでそうなるのかなぁ……
安東 そもそも、お前たちが連れ出したのでなければ
聖王女様が外に出られる道理がないじゃないか!
比利卡 聖王女様だって
たまには散歩くらいしたくなるんじゃない?
比利卡 だいいち、聖王女様を見失ったっていうのは
そっちが間抜けだったからじゃん
(安東左右震動)
安東 うっ……そ、それは……
比利卡 お? これはもしや……効果あり?
安東 ……ええい、問答無用!
神の裁きを受けよ!
(比利卡震動)
比利卡 うわーん! ダメだった!!
比利卡 ちょっとは落ち着いて、話を聞いてよぉ~~!

第2幕[ | ]

(本幕沒有劇情)

第3幕[ | ]

戰鬥後[ | ]

(緊張的背景音樂)
安東 ぞ、賊にしては……
やるじゃないか……がくっ!
(安東震動)
安東 fall
比利卡 ……今さらだけど
マズイ事をやっちゃったような気がする
菲娜 本当に、どうしてこんなことに
??? ほう……これだけの騎士を退けるとは
??? 聖王女様をさらおうとするだけの事はある
比利卡 ……! 主人公
あいつ、今までの騎士とは雰囲気が違う!
比利卡 まともにやり合ったらマズイ気がする……
逃げよう!
??? 逃がすと思うか?
騎士 ……
比利卡 か、囲まれてる……!?
??? 投降しろ
菲娜 主人公さん……
<對話選項1>投降する
<對話選項2>逃走する
<對話選項1劇情>
比利卡 主人公
??? 状況を見る目はあるようだ……
連行しろ
騎士 はっ!
<對話選項2劇情>
??? 逃がしはしないと言っている!
(斬擊)
(攻擊音效)
(畫面震動)
(畫面閃紅一下)
菲娜 主人公さん!
??? 安心しろ、命までは奪わん……
今はな
比利卡 そ、それって……
??? この者たちの取調べを行なう。
留置所へ連れて行け!
騎士 了解しました。お前たち、付いてこい
<劇情分支結束>
比利卡 オイラ達、どうなっちゃうんだろ……?

聖都の危機[ | ]

第1幕[ | ]

戰鬥前[ | ]

(悲傷的背景音樂)
騎士 ここでおとなしくしていろ
比利卡 聖王女様を護衛してきたってのに
この仕打ちはないんじゃない?
騎士 ……
比利卡 聞く耳持たず、か……
菲娜 議長さんの紹介状も荷物と一緒に
取り上げられてしまいました……
比利卡 あれを見せれば少しくらい
話、聞いてくれたかな?
菲娜 どうでしょう
比利卡 ん? その本は無事だったんだ?
菲娜 はい。少し中を見られましたが
すぐに返していただきました
比利卡 ま、普段は何の変哲もない本だしね
菲娜 はい、書いてある文字が読めないということで
一瞬怪しまれましたが
比利卡 え、読めない?
ひょっとしてその本に書いてあるのって……
騎士 しかし……
??? 私が構わんと言っている
比利卡 ん? なんか外が騒がしいな
菲娜 なにかあったのでしょうか?
(緊張的背景音樂)
??? ……
(比利卡震動)
比利卡 あ! あの時のエラそうなヤツ!
なんだ、いよいよ尋問か?
??? 艾恩斯洛德
比利卡 あいんすろっと……?
(悲傷的背景音樂)
艾恩斯洛德 私の名だ。エラそうなヤツ呼ばわりでは
いささか不便なのでな
艾恩斯洛德 聖騎士団の総帥を務めている
菲娜 まあ。あなた様が……
艾恩斯洛德 ……すまなかった
艾恩斯洛德 聖王女様から事情は聞いた。
護衛の件、感謝する
比利卡 わ、わかってくれればいいんだよ
艾恩斯洛德 すぐにここから出す。
鍵はまだか?
騎士 総帥!
(緊張的背景音樂)
艾恩斯洛德 どうした?
騎士 た、大変です!
街の中に魔物が侵入してきました!
艾恩斯洛德 っ!? 警備兵は何をしていた!
騎士 それが、魔物は突如街中に
発生したとの報告が……
艾恩斯洛德 なんという事だ……
艾恩斯洛德 各騎士団に連絡を取れ! 連携をとり
速やかに脅威を排除する!
艾恩斯洛德 陣頭指揮は私が取る! 行け!
騎士 はっ!
艾恩斯洛德 聞いての通りだ。急ぎ避難してくれ
比利卡 なに言ってるんだよ! オイラ達も出る!
菲娜 そうです! 私達だって少しくらいは
お役に立てると思います
艾恩斯洛德 ……今は少しでも戦力が欲しい。
頼めるか?
比利卡 まかせて!
(畫面變黑一下)
(場景切換)
魔物 ……
(市民震動)
市民 う、うわっ!? こんな所にまで!?
た、助けてくれーー!
比利卡 オイラ達に任せろっ!
市民 あ、あんたらは!?
比利卡 通りすがりの義勇軍さ。
危ないから隠れててね
市民 ありがとう!
比利卡 まったく、こいつらどこにでも現れて……
やっちゃえ、主人公

第2幕[ | ]

戰鬥前[ | ]

(緊張的背景音樂)
菲娜 大丈夫ですか?
市民 ありがとう! 避難場所まで逃げようとしたら
囲まれてしまって……
騎士 無事か!?
比利卡 助かった! お願い、この人を
避難場所まで連れて行ってあげてよ
騎士 む、任された! 卿らは?
菲娜 私達は――
比利卡 あいつらを食い止める!

第3幕[ | ]

戰鬥後[ | ]

(悲傷的背景音樂)
菲娜 なんとか、追い払えたようですね
比利卡 みたいだね……それにしても
いきなり街の中に現れるなんて
比利卡 どういう事なんだろ?
菲娜 抜け道でもあったのでしょうか?
騎士 おーい! 無事か!?
比利卡 ああ、避難が完了したんだね。
こっちはオイラ達で倒したけど。そっちはどう?
騎士 こちらも、街の中はなんとか……
しかし大神殿に魔物が集結しているらしい
比利卡 それってまずいんじゃ?
騎士 ああ。大神殿には聖王女様もいらっしゃる。
帰還早々こんなことになってしまうとは……
菲娜 そんな!? 聖王女様をお助けしないと
騎士 我らはこれより大神殿に向かう。
卿等は早く避難を……
比利卡 なに言ってるのさ。オイラ達も大神殿に向かうよ
騎士 ……感謝する。大神殿はこっちだ
菲娜 行きましょう、主人公さん!

忌まわしき記憶[ | ]

第1幕[ | ]

戰鬥前[ | ]

(緊張的背景音樂)
菲娜 ここが、大神殿ですか?
騎士 ああ、中に聖王女様がいらっしゃる。
ご無事であればよいが……
魔物 ……
騎士 ちっ……我らはここで後続を絶つ。
卿らは内部に侵入した魔物を頼む
比利卡 了解!
(畫面變黑一下)
魔物 ……
菲娜 行かせません!

第2幕[ | ]

戰鬥前[ | ]

(緊張的背景音樂)
比利卡 かなり奥まで入られてる……
このままじゃマズイよ
菲娜 急ぎましょう!

第3幕[ | ]

戰鬥前[ | ]

(緊張的背景音樂)
比利卡 聖王女様ー!
菲娜 お助けに参りましたよー!
比利卡 くそ! いったいどこに行けば……
(防禦音效)
(畫面震動)
(斬擊音效)
(畫面震動)
菲娜 待ってください……
あちらのほうから、争う音が聞こえました
比利卡 行ってみよう!
(畫面變黑一下)
艾恩斯洛德 失せろ! 木っ端ぁっ!
(斬擊音效)
(魔物受到傷害)
魔物 ……!
(魔物死亡)
???? あはははっ! やるじゃない!
艾恩斯洛德 女狐め! 陛下の仇!
菲娜 艾恩斯洛德さん!
艾恩斯洛德 む、卿らも来たか!
下がっていろ! やつは私が!
比利卡 あいつ、副都だけじゃなく聖都まで襲うなんて……
???? あら。ふふふ……こんな所でも出会うなんてね。
運命的なものを感じるわ
菲娜 ……主人公さん
比利卡 大丈夫。菲娜はオイラ達が守るよ
???? あら、勇ましいこと
艾恩斯洛德 ズエアァァァッ!
(艾恩斯洛德瞬速移過畫面)
(斬擊音效)
???? おっと、危ないわね
艾恩斯洛德 おのれ!
???? さすがに、これはちょっと不利かしらね
艾恩斯洛德 逃がさぬ!
???? ふふ、逃げたりしないわ……
来なさい!
(深色特效出現)
(畫面震動)
(畫面震動)
(深色特效消失)
魔物 ……
魔物 ……
比利卡 な!?
なにもないところから魔物が?
艾恩斯洛德 突如魔物が現れた仕掛けがこれか!
???? ふふ。仕掛けがわかっても
アナタ達にはどうにもできないでしょう?
艾恩斯洛德 知れたこと! 元を絶てば魔物も消える!
???? あはははは! アナタ、悪くないわ!
いいわ、相手してあげる!
艾恩斯洛德 覚悟ぉぉぉっ!
比利卡 アイツは艾恩斯洛德に任して
オイラ達は雑魚を倒すよ!

第4幕[ | ]

戰鬥前[ | ]

(緊張的背景音樂)
比利卡 雑魚は片付けた!
艾恩斯洛德は!?
(艾恩斯洛德瞬速移過畫面)
(斬擊音效)
(????左右震動)
(射箭音效)
(斬擊)
(防禦音效)
(艾恩斯洛德震動)
艾恩斯洛德 ちぃっ! やる!
???? ふ、ふふふ……
まだよ、もっと、もっと!
(魔法射擊音效)
(魔法攻擊)
(深色特效出現)
(魔法命中音效)
(深色特效消失)
(畫面閃黑一下)
(畫面一直震動)
比利卡 この気配……副都の時と同じ!
マズイよ菲娜! ここから離れ――
菲娜 イヤ! お願い、出てこないで……!
(編年記書藉出現)
(深色特效出現)
(畫面停止震動)
(編年記書藉出現)
(畫面閃黑一下)
(書藉消失)
(場景切換)
(畫面閃黑一下)
(場景切換)
(畫面變黑一下)
(畫面震動)
(深色特效消失)
魔物 ……!
比利卡 遅かったか!
艾恩斯洛德 なんだと!? 少女から、魔物が?
艾恩斯洛德 ええい! いったいどうなっている!?
卿らもヤツの仲間なのか!?
比利卡 違う! けど今は弁解してる場合じゃない!
とにかく魔物を倒して!
艾恩斯洛德 よかろう……詮索はあとだ!
今はこの女を!
???? アハッ♪

戰鬥後[ | ]

(緊張的背景音樂)
比利卡 菲娜! 本は!?
(編年記書藉出現)
菲娜 ひ、ひとまず鎮まりました!
比利卡 よし。今のうちにアイツから離れて!
(書藉消失)
菲娜 はい!
???? 今度は見逃さない。
菲娜、あなたを頂くわ!
比利卡 やらせない!
???? 邪魔よ!
(深色特效出現)
(深色特效消失)
(畫面閃黑一下)
比利卡 しまった!?
(斬擊)
(斬擊音效)
(防禦音效)
(畫面震動)
艾恩斯洛德 ッ!!
比利卡 あ、あんた……
艾恩斯洛德 ……事情はわからぬが、今は貴様を討つ!
???? アハッ、しつこい男は嫌われるわよ……!

揺るがない覚悟[ | ]

第1幕[ | ]

戰鬥前[ | ]

(緊張的背景音樂)
???? しつこい男……
いいわ、相手になってあげる!
艾恩斯洛德 神よ、聖王陛下よ、私に力を……!
比利卡 主人公、オイラ達も!
???? 多勢に無勢とは卑怯じゃない?
艾恩斯洛德 化け物との戦いに騎士道は不要!
覚悟するがいい!

第2幕[ | ]

(本幕沒有劇情)

第3幕[ | ]

戰鬥後[ | ]

(緊張的背景音樂)
???? ちっ、忌々しい……
艾恩斯洛德 その命、もらった!
(艾恩斯洛德瞬速移過畫面)
(畫面震動)
(????受到傷害)
(斬擊音效)
???? ぐっ!?
???? そ、そんな……こんなところで……
???? なんてね
(深色特效出現)
(深色特效消失)
(畫面閃黑一下)
艾恩斯洛德 消えた!? どこだっ! 出て来い!
???? 楽しかったけど、残念。時間切れね
???? いずれ決着はつけてあげる。
それまで首を洗って待ってることね
艾恩斯洛德 どこだーっ! 今ここで決着をつけろっ!
貴様は! 貴様らだけはっ!
艾恩斯洛德 うわぁぁぁぁっ!
(畫面變黑一下)
(悲傷的背景音樂)
艾恩斯洛德 醜態を晒してすまなかった
比利卡 いいよ、別に。
艾恩斯洛德はアイツと何かあったの?
艾恩斯洛德 かつて戦場で、私は奴らに敗れた……
そして我が主君を、奴らに討たれたのだ
艾恩斯洛德 ようやく、仇を討てる機会が訪れたというのに
みすみす取り逃がすとは……
菲娜 艾恩斯洛德さん……
艾恩斯洛德 いや……そうか。卿らがいたか
比利卡 え。なんでオイラ達に、剣を……
艾恩斯洛德 答えよ。卿らは何者だ?
その本はなんだ?
比利卡 オ、オイラ達は……
控えなさい我が騎士よ。
その方々は私の命の恩人なのですよ
艾恩斯洛德 …………!
聖王女 聞こえないのですか?
私は剣をおろせと命じたのです
艾恩斯洛德 ……聞けぬ!
これは、陛下の仇討ちは、我が悲願……!
聖王女 もう一度命じます。
剣をおろしなさい、艾恩斯洛德
艾恩斯洛德 聞けぬと言っている、ユリアナ様。
……いや、露易絲
艾恩斯洛德 仇かもしれぬ相手を前にして
私は偽りの聖王女などに従えぬ!
比利卡 え、聖王女様が!?
菲娜 偽り!? え、えと……ニセモノさんなのですか?
聖王女 私をその座に付けたのはあなたでしょう?
ならばその責任を果たしなさい!
聖王女 それとも卿は、今この聖王国
聖王女などおらぬと言うつもりですか?
聖王女 答えよ、我が騎士!
卿が私に求めたのは姿形だけか!?
聖王女 聖都に戻りしこの覚悟を、この想いを、
卿は偽りと申すか!?
艾恩斯洛德 露易絲……
聖王女 私は、もう逃げません
聖王女 艾恩斯洛德様。
あなたと共に、私は聖王女としてこの国を護る
聖王女 そしてその覚悟を決めさせてくれたのは
その方たちなのですよ
艾恩斯洛德 ……護るべきものを忘れ
仇討ちに逃げていたのは私だったか……
艾恩斯洛德 露易絲……いや、聖王女様。
ご無礼を、お許しください
聖王女 よい。こちらへ
艾恩斯洛德 ……ご立派です
聖王女 これがあなたの望む姿なら……
菲娜 えっと……?
聖王女 一度ならず二度までも
よく私を助けてくださいました
菲娜 そ、そんな……お顔を上げてください。
えと、ニセ聖王女様?
露易絲 私は露易絲。本物の聖王女様――
ユリアナ様の影武者を務めております
菲娜 影武者様だったのですか
露易絲 聖王陛下亡きあと、ユリアナ様は仇討ちを決意し
聖都を失踪してしまったのです
比利卡 無茶するお姫様だなぁ……
露易絲 私は元々ユリアナ様お付きの
ただの侍女だったのですが
露易絲 顔が似ているという理由で
影武者に立てられたのです
艾恩斯洛德 この件は他言無用で願う。
聖王女様の不在を知られるわけにはいかぬのだ
艾恩斯洛德 この窮地にあって、
もうこれ以上、この聖王国を混乱させられぬ
比利卡 それは構わないけど……
露易絲 私からも、お願いします
菲娜 お顔をお上げてください!
そんなふうにされると、困っちゃいます
艾恩斯洛德 ……
露易絲 我が騎士よ。どうしたのです?
艾恩斯洛德 いえ……どうにも不思議で
比利卡 なにが?
艾恩斯洛德 卿らだ……卿らからは邪悪なものは感じない。
なのに、さきほどのあの本……あれはなんだ?
(編年記書藉出現)
菲娜 申し訳ありません
私にも、よくわからないのです
比利卡 オイラ達はこの本を調べる為に旅をしてるんだ
比利卡 副都の議長さんの紹介状も持ってるよ。
今は荷物ごと取り上げられちゃってるけど
(書藉消失)
艾恩斯洛德 そうだったか……
艾恩斯洛德 どうやら、巻き込んでしまったのは
我らのほうのようだな。すまなかった
比利卡 いいって、誤解が解けたんなら問題ないよ
艾恩斯洛德 荷物はすぐにでも持ってこさせよう
比利卡 いいよ。こっちから取りに行くから
場所だけ教えて
比利卡 あんまり長居してる時間もないし
艾恩斯洛德 今晩くらいはいられないか?
ささやかではあるが晩餐を……
比利卡 どうする? 主人公
<對話選項1>先を急ぐ
<對話選項2>気持ちだけ受け取る
<對話選項1劇情>
艾恩斯洛德 そうか……卿らにも
果たさねばならぬ使命があるのだな
<對話選項2劇情>
比利卡 だよね……ちょっと残念だけど
<劇情分支結束>
艾恩斯洛德 卿らの荷物は留置所にある。
すぐに引渡しの手続きを済ませよう
露易絲 せめて、手続きが終わるまでは
ゆっくりしていってくださいね
菲娜 はい!
(畫面變黑一下)
(場景切換)
(快樂的背景音樂)
艾恩斯洛德 では、卿らの旅路に神の祝福を
露易絲 どうぞご無事で
菲娜 おふたりにも
神様のご加護がありますように
比利卡 わざわざこんな所まで見送りに
来てくれなくてもよかったのに
艾恩斯洛德 あれだけの非礼を犯したのだ
せめて見送りだけでもさせてくれ
艾恩斯洛德 それにしても、賢者の塔か……
まあ、卿らなら大丈夫だろうが……
比利卡 な、なんなの?
不安になるような事言わないでよ
艾恩斯洛德 常在戦場……それを忘れるな
比利卡 うーん、難しい事はわかんないけど
とにかく頑張るよ!
菲娜 露易絲さん
露易絲 はい?
菲娜 私の目には、あなたは立派に聖王女様に映りました
菲娜 だから、きっと大丈夫ですよ!
露易絲 ……はい! ありがとう、菲娜さん!
比利卡 じゃあね、露易絲!
はやく本物のお姫様が見つかるといいね!
露易絲 ……はい! 比利卡ちゃんもお元気で!
(畫面變黑一下)
比利卡 最後の検問所だね。
ここを抜ければいよいよ賢者の塔か……
菲娜 ……
比利卡 どうしたの?
不安そうな顔しちゃって
菲娜 いえ、なんでもないんです。
ただ……
菲娜 少し、胸騒ぎがするのです……
Advertisement